DSC00056.jpg

プロフィール

・2004 木工玩具を孫につくる
・2005〜木工作家の屋中秋谷氏に師事
・2008 多摩クラフト協会の設立に合わせて会員となる
・2011 京王百貨店(聖跡桜ヶ丘)ギャラリーにて第1回個展を開催、
    以降定期的に開催
・2012 立川市主催「木工講座」講師

工作が好きで、いつか木の玩具を作ってみたかったのです

孫へのプレゼントのつもりが、今になっては孫からのプレゼントみたいなものです

木工玩具作りを始めたきっかけは、58歳の時に孫が誕生し、手作りの木工の本を買って勉強し、最初はクルマと牛のおもちゃを孫に作りました。
子供のおもちゃですから、何よりも安全性、遊んでけがをしないようにするための面取りが大事です。作っている時間の6割ぐらいは面取りなどの磨いている時間です。
孫のおかげで「木工玩具作り」という本当にいいものをプレゼントしてもらったと思っています。

8ヒツジー2_01.JPG
車輪付きの干支のおもちゃを作っていますが、玄関に飾りたいから車輪をつけないタイプにして欲しいといわれ、台付きのタイプも作るようになりました。
ツリー台付き.JPG
また、木のツリーを作っているのですが、お客様からのご要望で、クリスマスやお正月用のオーナメントをつけると季節感が楽しめていただけるようになっています。

DSC00060.jpg

要望やクレームは本当に勉強になります

デザインも最初からずいぶん変わってきています。動物の形のものは尾っぽが欠けてしまうので、尾っぽを少しずつ体の中に入るようにデザインを変えてきました。

工房風景

家の中で一番快適な空間です

工房は、息子が独立して空いた部屋を工房にしました。防音、防塵対策は万全です。
窓ガラスは全て2重サッシに改造してもらいました。電動工具は2重、3重の防振ゴムの上に浮かせている状況にして、振動を吸収しています。

IMG_7407 (3).JPG
電動工具のそれぞれに掃除機を設置し、さらに集塵機で粉塵を2重に吸引しています。
IMG_7412.JPG
家の中で一番快適な空間になっていますよ。

IMG_7410 (3).JPG
車輪などのパーツです

<取材の感想>

こじんまりした空間に、高性能な電動工具が配置され、とても機能的に工夫された工房でした。
工房に入った関口さんは、とても嬉しそうでした。

■作品

鈴音(すずね)-2.JPG

鈴音(すずね)

優しい鈴の音色がします

DSC_0721.JPG

カタカタ

赤ちゃんに最初に与えるおもちゃです

DSC_2892.JPG

森の詩

16種類の木の音色が楽しめます

5 キリンの輪投げ.JPG

きりんの輪投げ

家族みんなで遊べる輪投げです

DSC_3597.JPG

ミニカー

小さいけど良く動きます

2 Aタイプ.jpg

セダンタイプの車

4 Cタイプ.jpg

ワンボックスカー

DSCN3464.JPG

エコカー

DSCN3167.JPG

クリスマスリース

壁にかけたり、立てかけもできます

DSC_3127.JPG

ツリー

無着色の13種類の木でできています

DSC_3132.JPG

ツリー(クリスマスオーナメント付き)

DSC_3141.JPG

ツリー(お正月飾り付き)